\即日融資おすすめ1位/

トップページ > 鳥取県

「今すぐお金借りたい...」
「審査って厳しい?」


当サイトでは鳥取県で今すぐ借り入れしたい方に、即日融資可能なカードローンをご紹介しています。今日申し込んで、今日中に借り入れしたい方は即日審査・即日融資可能な大手カードローンでのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

鳥取県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】のお金コラム

借金をするときは手間も時間もかかりましたが、最近は「当日」というスピード融資がごく当たりまえの時代になりました。

CMで名の通ったカードローンの会社では当日融資OKというのが珍しくないのです。

これが当たり前になってくると、以前のように時間がかかっていたほうが「なんで?」という気もします。

以前より小額の申込が増えて審査が緩くなっているとか、顧客を待たせない迅速な対応の裏ではわけがあると思います。

ネット銀行が一般化したこともあるでしょう。

いずれにせよ利用者にとっては大きなメリットがあると思います。

借金というと眉をひそめる人もいますが、誰でもお金を借りた経験はあるでしょう。

住宅購入といった大物から、学資・生活費・資格取得の教材費のための借り入れ、クレジットカードを使った買い物の後払いも借入金に違いはありません。

便利なものですが、うまく使わないと金利負担が増えて苦労します。

長期ローンを組むと月々の返済はラクですが、利息負担が大きくなってしまうので、負担を減らすには返済期間短縮がもっとも有効です。

いまは借入の金利も低いですが、預貯金の金利はさらに低いです。

貯金をするくらいなら繰上げで一括返済したほうが経済的です。

ただ、学資や一部のローンには無利子のものもあるので、いま一度確認してみてください。

若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、キャッシングの金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。

とはいえ、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸し付けることができます。

いわゆる法解釈の問題ですが、11.2%の開きは大きいですね。

黒でも白でもないということで、グレーゾーンと呼ばれているのはそのためです。

ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を弁護士などを通じて返還請求を行うものです。

裁判所はたいてい業者より債務者寄りの判断をするため、多くの人が返金を受けています。

消費者金融から借金をしたいと思う場合、いくらまで借りることが可能なのか?と不安になるという人もかなりいるのではないでしょうか。

できるだけ多く貸してほしいと思うかもしれませんが、法律によって年間の収入の1/3までが限度と定められいて、借入手続きができないことになっています。

次の給料日までまだ日数があるけれども、ゲットしたいものがある際は、キャッシングで乗り切っています。

会社のパソコンを使って審査の申し込みを済ませておいたら、申込み当日に審査を通過できるのです。

そのあとは、勤め先に近いコンビニのATMで出金します。

コンビニを利用すれば、周囲の人にばれることもないので安心できます。

便利で簡単なので助かります。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】