\即日融資おすすめ1位/

トップページ > 福岡県

「今すぐお金借りたい...」
「審査って厳しい?」


当サイトでは福岡県で今すぐ借り入れしたい方に、即日融資可能なカードローンをご紹介しています。今日申し込んで、今日中に借り入れしたい方は即日審査・即日融資可能な大手カードローンでのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

福岡県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】のお金コラム

まだキャッシングでお金を下ろせるハズなのにもかかわらず、ローンカードを使ってATMを操作するとどういう訳か借入不可の状態になっていて、お金を引き出せなかったという話を聞いたことがあります。

これは、業者がキャッシングの利用を停止したということでしょう。

その理由で最も多いものといえば、そのキャッシングを利用中に、多数のキャッシングサービスと契約した場合は、借入を制限されてしまうことが多いようです。

こうなってしまうと、所有しているローンカードは、返済手続を行う場合にしか利用できません。

キャッシングは便利なサービスですが、使いやすいサービスを選ばなければ利便性も半減してしまいます。

そのためにも、契約前に各社のサービスの特徴を比較検討しておきましょう。

業者によって利率も異なりますし、新規契約限定の無利息ローンが使えるのか、あるいはその期間や、申込方法の違いも比較したい要素です。

キャッシングの利便性を左右するのは、実際の使い勝手の良さです。

あらかじめキャッシングを利用した生活を想定し、借入返済の手続きが生活圏にあるATMで利用できるかどうかも確認しておきましょう。

手数料がかからないATMもありますから、どちらが都合が良いのか時間をかけて考えておきましょう。

つい、金利や特典に目が行きがちですが、利用期間中はATMが欠かせませんから、絶対に確認してほしい項目だと言えます。

キャッシングの際にクレジットカードの枠を使ったことがある人は非常に多勢であると考えられるでしょうが、問題なく決められた金額を返済出来るようにしても期日になったときに結局お金が不足してしまいどうしても返済に間に合わなくなってしまうこともあるでしょう。

まさに緊急事態とも言えるような場合には、リボルビング払いを使っていくことによって少ない金額でも入金すれば大丈夫になることもあります。

苦しい思いをして返済を続けているという状態でしたら、リボルビング払いが助けになってくれるはずです。

2010年の法改正後、キャッシングやカードローンなどの金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。

とはいえ、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸し付けることができます。

「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。

でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。

この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。

「過払い金請求」のCMでは詳細について語られていませんが、利用者が払い過ぎた金利部分を返金してもらうものです。

専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。

お金を借りる話をしていて気づいたのですが、クレジットカードとカードローンを同じように考えているケースが結構多いです。

間違いやすいとは思いますが、実は両者の融資上限額にものすごい差があるので、この際ご説明しましょう。

クレジットカードは、割賦を含めたショッピングの支払いに使えるのカードで、キャッシング部分の枠は小さめです。

当初は10万、20万といったところでしょうか。

カードローンはローン機能のみなので高い上限額(500万とか)が設定されているのは当たり前です。

なかには800万円までなんていうのもありますよ。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】