\即日融資おすすめ1位/

トップページ > 東京都

「今すぐお金借りたい...」
「審査って厳しい?」


当サイトでは東京都で今すぐ借り入れしたい方に、即日融資可能なカードローンをご紹介しています。今日申し込んで、今日中に借り入れしたい方は即日審査・即日融資可能な大手カードローンでのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】のお金コラム

キャッシングといえば、カードローンと同じ趣旨だと思いがちですが、返済の方法が違うのです。

一括返済する目的でクレジットカードにより現金を引き出すのがキャッシングで、分割払いにかえる際はカードローンと呼んでいます。

カードローンは毎月の返済は容易ですが、利息がついてきますし、どちらにしても延滞の場合には十分ご注意ください。

キャッシングの中で最速なのはどこかという質問が多いですが、近頃では、大手銀行がとても早いということを聞く頻度が高いです。

最も早いと30分程度で審査完了となるところも出てきているみたいです。

審査が早く済むので借入金が振り込まれるまでも早くて嬉しいですね。

お金を方々から借り尽くし、最後の頼みと闇金に手を出してしまうことがあるとは、ニュースやドラマで見たことがありますが、闇金からの借り入れについては、世間的にはどう考えられているのでしょうか。

一生関わらずに済むなら、それに越したことはないでしょう。

しかし、町のそこここの隅にひっそりと息づいている闇金業者がそのままあり続けている裏には闇金であることがわかっていても他に行き場のない利用者の増加が原因です。

法定金利の貸金業者では、貸付に当たっての審査に通ることが年々難しくなり、倒産が相次ぎ、リストラ、失業の嵐が吹き荒れるなど不景気の世の中でもがく人こそが、お金を必要としているのに、そんな人たちだと貸してもらえなくなってしまい、銀行、金融会社、消費者金融、個人の貸金業者と段々に移った挙げ句、行き場を失ってしまいます。

でも、ご用心、一度お金を借りたら高利に苦しみ、お金を完済することなど出来なくなります。

そうなる前に、対策を立て、計画的な生活を心がけることです。

もし、生活費をキャッシングするのであれば、利用するのはなるべく最低限の金額にして、余裕を持って返せるような額にしなければ、後で返済に悩まされることになります。

多少の生活費ぐらいならと思う人もいるかもしれませんが、繰り返していれば、いずれ考えてもみなかった金額になっていることもありますから、すぐにキャッシングに頼らずに気を付けなければなりません。

大切なのは、キャッシングに頼る前には必ず、返済計画を考えてから行動に移しましょう。

これはカードローンに限定した話ではありませんが、借金をする時に、貸す側が何より気にすることと言えば、借りる人がちゃんと返済できるのか、その能力があるのかということですよね。

だから、これから住宅ローンを受けようと考えても、審査の段階でカードローンでお金を借りている場合には、実際に住宅ローンを返していけるのか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、不利になると言わざるを得ません。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】