\即日融資おすすめ1位/

トップページ > 大阪府

「今すぐお金借りたい...」
「審査って厳しい?」


当サイトでは大阪府で今すぐ借り入れしたい方に、即日融資可能なカードローンをご紹介しています。今日申し込んで、今日中に借り入れしたい方は即日審査・即日融資可能な大手カードローンでのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

大阪府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】のお金コラム

とても便利なものなので、融資が必要になった時は、キャッシングに申し込みましょう。

免許証のコピーや必須事項を記入した書類を送って無事に審査を通過すると、申し込んだ時間によっては当日中に現金を手にすることができるでしょう。

専用のATMでしか借入返済できない業者もありますが、大手の消費者金融では、近くの銀行やコンビニに設置されているATMから借入返済ができますので、とても便利です。

いちいち営業時間を調べる必要もなく、ご自身の都合に合わせて利用できるほか、消費者金融の店舗に出入りしているところを知り合いに見られる心配もありませんから、安心です。

お金のやりくり、どうしよう?!という際にはキャッシングを利用できると助かりますが、定期収入のない専業主婦にとっては無縁な話、と思ってあきらめてしまう人も少なくないでしょう。

実をいうと、定期収入のない専業主婦でも、融資が可能となるキャッシングもあります。

そうした業者だったら、配偶者に定期的な収入があれば、キャッシングの審査に通ることができます。

一括で返済ができる程度の少額キャッシングであれば、一定期間の無利息サービスをしている金融業者を選択して利用すると後々も良いと思います。

決められた無利息期間内に全額一括返済できれば期間外だとかかってしまう利息が0円なので、これを有効活用することでとても便利になります。

またたとえ一括で返済しない場合であっても、利息が不要な期間を決めている金融業者の方が何かとお得にキャッシングできることも多々ありますから、細かな点までよくよく比較してみてください。

貸金業にかかわる法改正により1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収額を証明できる書類等を提出する必要がありますが、言い換えればそれより小さければ年収を証明する書類は提出しなくてよいとも考えられます。

ですが、それ未満でも年収証明できるほうが好ましいと考えられます。

消費者金融からのキャッシングなどは、貸金業を営む業者から一般的に考えて少額のお金を融通してもらうという債務を負うというケースの借金になります。

常識的に考えたとしても借金をするのであれば万が一返せない事を考えて本人の所持金以外の弁済方法を申請します。

ですが、貸金業者からのキャッシングを選択すれば、本来必要となる保証人、そして担保といった万が一の補填の用意は必須項目として考えられているわけではありません。

自分が申し込んでいるという本人確認書類を提示したら、お金が手元に届くことになりますから大丈夫です。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】