\即日融資おすすめ1位/

トップページ

「今すぐお金借りたい...」
「審査って厳しい?」


当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方に今すぐ借り入れできる即日カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】のお金コラム

キャッシングの返済は絶対に守るようにして下さい。

もし、キャッシングの返済を滞納した場合は、まず、自宅や携帯電話など、契約時に記入した希望連絡先に業者から連絡がきます。

あくまで本人と確認できる番号にかかってきますから、職場や家族などに知られる心配はありません。

それに、テレビドラマのように、自宅に押しかけられるような恐ろしい目に遭うことは、まずありえません。

しかし、督促の連絡があるのにもかかわらず返済しないままでいると、信用度が急落したブラックとして、お金を借りることはもちろん、どんなローンサービスに申し込んでも審査が通らなくなる可能性が高くなります。

月収がある程度決まっているサラリーマンに比べて、自営業者ではほとんどのキャッシングサービスで、審査が厳しくなる傾向にあります。

多くの自営業者は、時期によって経営状況にばらつきがあるので、返済期限に間に合わないといった可能性が高くなってしまうからです。

キャッシングサービス次第では、無事に審査を通過することもあります。

しかし、借りられる限度額は低めになります。

なお、携帯電話しか持っていない自営業者の場合、審査に合格する可能性は低いと思っておいてください。

キャッシングしたお金は期日までに返さなければいけません。

一括なら一手間ですが、分割だと何ヶ月かそれが続きます。

面倒だなと思ったら、ATMが使えるコンビニを見つけて期日までに入金するようにしましょう。

忙しい人やうっかりさんにはとても便利ですね。

外出先などで、銀行や消費者金融のATMが見つからないときに苦労して探す手間も不要です。

ATMがないところでは無理ですが、そうでなければ殆どのコンビニで返済できるというのは、ありがたいですね。

年中無休ですし、身支度しなくても適当な格好で行けますから、返済日に気づいて街を彷徨わなくて済むので心強いです。

ただ、端末で発券するタイプだと利用時間が限られることもあるので、注意が必要です。

出来るだけ早く繰り上げ返済をすれば、日数は短くなる、つまり、金利が軽くなる、ということになります。

そして、返済を規定以上することで、元金を早めに減らせるので、後々かかってくる金利も抑えられます。

もし返済日前に余裕ができたら繰り上げ返済を活用して、支払う額が少しでも減らせればいいですね。

急ぎであったとしても、カードローンの申込の前には、しっかりと比較した上で決めるべきです。

銀行か消費者金融がカードローンの申込先としては挙げられますが、金利が低いのは大概銀行の方です。

とはいえ、その一方、審査の通過率としては、消費者金融の半分程度ともいいます。

それだけでなく、消費者金融においては、借入までに要する時間が短いのが特徴で、どちらが良いとも一概には言えません。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】