大田区で母の葬儀をしました

がんで闘病していた母に余命宣告がされました

大田区 葬儀平和の森会館で10万円代からの火葬式・家族葬

がんで闘病していた母に余命宣告がされました。
高齢だったこともあり、本人にも告知して残りの時間を悔いのないように大切に生きようと話し合いをしました。
体の調子のよいときには母は懐かしい友人たちと食事に出かけたり、趣味の卓球スクールの顔を出したりしていました。
はたから見ると「本当に余命を宣告された本人かしら」と思うほど元気な時もありました。
それは母も同じ気持ちだったようで「まだまだ生きられる気がする」と嬉しそうに話していたのです。
しかし、医師の余命宣告は的確で日に日に体の調子が悪くなってきました。
母の希望で在宅医療に切り替えていたのですが、亡くなる3か月前からは食べ物が詰まって気持ち悪くなり点滴をしてもらうことも多くなってきました。
私も家事や仕事、育児の傍らできるだけ母のそばにいることにし、少しでも母の不安が和らげるように努力をしていました。
出かけることが困難になってきた母とは母の家のソファに横になりながら、私が生まれたときに話など昔話をすることもありました。

ご葬儀の事なら(株)明進社 金子葬儀社東京都 大田区 大森 梅屋敷駅近くの葬儀社です!臨海斎...https://t.co/eGlm6bQDTt

— CKE情報局 (@SearchEngineCKE) 2018年1月6日

がんで闘病していた母に余命宣告がされました「家族葬」ができる葬儀屋をいくつか訪ねたトラブルなく全体的に満足しています