\即日融資おすすめ1位/

トップページ

「今すぐお金借りたい...」
「審査って厳しい?」


当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方に今すぐ借り入れできる即日カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【即日カードローン.tech】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【即日カードローン.tech】をご覧の「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」と不安な方へ。即日借り入れ希望ならネット審査が早いです。郵送物無しで借入を希望の方はプロミスやモビットもおすすめです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.tech】のお金コラム

なんらかの理由でお金を用意できないままだと、カードローンの支払いができずにそのまま延滞してしまえば、必ず業者から通知が来ます。

連絡を気にも留めずにいると、遂には差し押さえだって大いに考えられます。

対象となるのは給与です。

自宅で業者が次々に家財などを差し押さえていくなんてドラマのワンシーンみたいなことはリアルでは起きません。

キャッシングの契約をする場合は、利用限度額も重要です。

利用限度額が50万円以下ですと、運転免許証で本人確認出来れば 契約できるのがその理由です。

しかし、希望する限度額が50万円を超える額だったり、他社借入額と合算して100万円を超すと、収入証明書を提出する必要があり、手続きが少々繁雑になるという訳です。

巷で話題のキャッシングとは、いわゆる消費者金融会社などから車や家を買うというときではなく、低額の現金を融資して貰い受けるというような趣旨の借金のことなのです。

大きな金額の借り入れをするというのであれば、まず連帯保証人や担保が必要になってくるものです。

ですが、あくまでもキャッシングという状況ですと、特別に保証人や担保を用立てておくことは無かったとしても特に問題にはなりません。

申込みをしているのが本人だということが証明可能ならば、大体において障害なく融資をしてもらえるでしょう。

今、キャッシングの利用を考えている人は、申し込むより先にそれぞれのサービスを比較することを忘れないでください。

ほとんどのサービスには、利率や対応ATMの違いがあります。

初心者の方は金利ばかりに気を取られがちですが、対応したATMが身近になければ借入も返済も面倒になってしまいます。

簡単に借りて返せるかどうか確認しておくことも、定期的なキャッシングの利用計画においては重視したいポイントでしょう。

利用したいキャッシング業者をホームページの情報などから比較しておけば、希望に適した業者が見つかります。

借金の形態の一つであるキャッシングは、消費者金融などから他のローンなどとは異なり生活費の融通などを受けるという場合に用いられる借金のタイプです。

借金の契約をするという場合ならば、大抵は万が一の事を考えて補填出来るように連帯保証人や担保が要ります。

ところが、利用者がキャッシングをするという場合には、連帯責任を負う人を探したり、資産を提出することは必須ではないのです。

きちんと身元が分かる確認資料さえあるならば、大体のケースで問題なくお金が借りられます。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.tech】